ヘビをペットとして迎える B



ヘビペットとして飼うときに最も難しいことは、ヘビエサを食べさせることです。

ヘビは、エサを食べなくなってしまうことがあります。
ヘビが安心して食べられるように、食事を工夫する必要があります。
エサを与えてから30分経過しても、ヘビエサを食べない場合には、与えたエサを取り出してください。
そのまま放置すると、ヘビはそのエサを食べなくなります。

また、エサが大きすぎて吐き出すこともあります。

同時に複数のエサを与えずに、一匹ずつ与えてください。
間を空けずに次のエサを与えなければならないので、ヘビの食事の時には、飼い主が見ていなければなりません。

ヘビの食事に関しては、必ずペットショップで確認してください。

ペットヘビを飼うときに、一つの同じケースに多くのヘビを入れないでください。
ヘビにストレスがかかり、死んでしまいます。
食事を分けられずに、死んでしまうこともあります。

ヘビの脱皮は、必ずチェックしましょう。
ヘビが健康であるか、確認してください。
脱皮の時期には目が白く濁り、ヘビは普段より神経質になります。
飼い主にでも噛みつくので、気をつけて接してください。
いくら可愛いといっても、触りすぎもヘビのストレスの原因になります。
細心の注意を払って飼ってください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。