ヘビをペットとして迎える @



ペットも時代によって変わってきました。
現代では、様々なペットを飼っている方がいます。
ヘビをこれからペットにしようかとお考えの方へ、ヘビの簡単な特徴と飼い方についてご紹介します。

ヘビは、爬虫類の中で最も飼育が難しいと言われています。
軽い気持ちでヘビペットとして飼うことはできません。

食事は、犬や猫のようなドライフードではないのです。
ヘビは、生きたものしか食べません。
えさに怯えてヘビが拒食になってしまうこともあります。
ヘビは大変神経質な生き物であるということを念頭において、ペットとして迎えるか否か、よく考えてくださいね。

ヘビを迎える前に準備するものは、まずヘビの食事です。
ヘビの種類によって違いますが、生きたネズミ、カエル、ヒヨコ、昆虫などを食べます。
ヘビは『変温動物食』と『恒温動物食』とに分けられ、食べ物が違います。
わからないことは、ペットショップに問い合わせましょう。

ヘビは習性で、生きた動物を捕まえて食べます。
生きたエサしか受け付けないのです。
もちろんヘビに食事を与えなければ、死んでしまいます。
ですから、常に生きた状態のエサが手に入れられるようにしておく必要があります。

次のような方法が一般的です。
 ・ペットショップに申し込む
 ・自分でマウスを育て繁殖させる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。