ペット葬儀のマナー A



ペットを亡くした飼い主へのお悔やみの言葉は、注意が必要です。
参加者の不用意な言葉が、飼い主を傷つけることが多々あります。
飼い主にしてみれば、家族が亡くなったのと同じ悲しみです。
「新しいペットを飼ったら?」などという言葉は、絶対に言ってはいけません。
相手の悲しみを思い、励ましてあげたい気持ちを率直に伝えてください。
ペット葬儀のマナーで、この部分はとても大切なことです。

ペットを失った飼い主は、悲しみのあまり、ペットを受け入れられないことがあります。
ペットロス症候群になることもあるのです。
精神的にも身体的にも不調をきたし、様々な症状が表れます。
 ・うつ症状
 ・食欲不振
 ・不眠

ペットは、愛情をかけた分だけ悲しみが大きく、一緒に暮らした期間が長い分だけ辛いのです。
しかし、ペットを失った心の傷は、必ず時間が癒してくれます。
時間が経てば、ペットを失った悲しい気持ちが、ペットへの感謝の気持ちに変わります。
辛くても前向きに生きていくよう、飼い主を助けてあげましょう。
タグ: 葬儀 ペット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。