ペットの椎間板ヘルニア体験談 @



ペットが「椎間板ヘルニア」になったときの体験談をご紹介します。


わたしの家には、ダックスフンドが2匹います。
ある日、7歳のダックスフンド(ダックス)が、突然歩けなくなってしまいました。
「散歩に行こう!」と言っても喜ばず、動きません。
初めは「元気がないだけかな?」と思いました。
しかし、ダックスの後ろ足が完全に麻痺していました。

ダックスの姿に驚いてどうすることもできず、飼い主のわたしが泣いていました。
のダックスは声に出して「痛い」とも言えません。
辛いのはわたしではなくダックスの方です。
強い気持ちを持って、ダックスが治るまで一緒に頑張ることを決意しました。

動物病院での検査の結果、ダックスは重度の椎間板ヘルニアでした。
薬をもらいましたが、一向によくなりません。
「手術をしても50%の確率でしか治らない」と告げられ、わたしとダックスの闘病生活が始まりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71608554
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。