ペットの椎間板ヘルニア



ペットにも椎間板ヘルニアがあることを、ご存知でしょうか。

椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気です。
ビーグル、シーズー、ダックスなどの犬種に、椎間板ヘルニアが多くみられます。
椎間板ヘルニアという病気は、背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が、老化して固くなってしまう病気です。
ひどくなると、骨が外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出します。

ペット椎間板ヘルニアになると、歩行が大変難しくなってしまいます。
背骨の上の神経細胞(脊髄)を圧迫して、神経が麻痺します。
前足や後足が麻痺して、歩くのをいやがるようになります。
神経麻痺を早く発見して治療すれば、治ることが多い病気です。
しかし、手遅れになってしまうと神経細胞が壊死し、生涯歩けなくなる例も多々あります。

椎間板ヘルニアの治療法は、ペットの病状によって異なります。
症状が軽い場合には、内科的治療で副腎皮質ホルモンの治療をします。
症状が重い場合には、外科的手術をします。
骨を一部除去する手術ですが、必ず歩けるようになるとは言えません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72595720
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。