ねこ風邪の治療



ねこ風邪のウィルスを殺す薬はありません。
しかし、抗生物質、抗炎症薬、ビタミンCなどがあります。
この薬を朝晩与えて、睡眠と栄養をとれば、2週間程で回復します。

ねこ風邪ウィルスは空気感染が強く、抗体は6ヶ月しか続きません。
流行の時期には何度もかかってしまうので、ねこを外に出す場合には注意が必要です。
戸外に出さないことが、1番安全かもしれません。

ねこ風邪の予防接種を受けることもできます。
口内炎がひどい場合には、普通のフードは食べられないので、流動食や点滴で栄養をとります。

ペットの目ヤニや涙を軽く考えず、ペットの異変に気づいたら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。
早めの治療によって、病気も軽く済むことが多いのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72977862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。