ねこの脱毛とストレス



ネコストレスがある時に、過剰に毛づくろいを行ないます。
飼い主の前ではやらないことが多いので、気づいた時にはすでに毛が薄くなっていることが多いです。
注意して見ていてあげるようにしましょう。

脱毛を防ぐには、ネコストレスを与えないことが大切です。
ネコはデリケートな動物なので、飼い主に冷たくされるだけでも体調が変化してしまいます。
やさしくしてあげてください。
ネコが、「自分は愛されている」と感じられるようにしましょう。

ネコ脱毛の原因が内蔵疾患の場合には、動物病院で診察を受けて血液検査をします。
必要な薬を処方してもらい、治療を受けます。
ダニやノミが原因の場合には、患部を清潔にすることで脱毛が改善されます。

脱毛の治療方法は様々です。
ペットに異変を感じたら、早めに獣医師さんに相談してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72981365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。