猫をペットとして迎える B



ペットとして飼う場合には、室内飼育を強くおススメします。
家に閉じ込めておくのはかわいそうですが、外出すると様々な危険があるからです。
 ・ケンカ
 ・伝染病の感染
 ・交通事故
 ・中毒
 ・虐待
の命を危険にさらすことにもなりますから、飼い主になる以上はペットの安全を最優先して守ってあげてください。

を拾ってきた場合は、早めに動物病院に連れていきましょう。
獣医師に診てもらい、病気に感染していないかを検査します。
拾ってきた以外でも、ペットとして一緒に生活する前には、一度検査を受けたほうが良いでしょう。

に限りませんが、ペットとして動物を迎える前には、いろいろな準備が必要です。
そのことを忘れずに、責任を持ってペットの世話をしましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72996911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。