ペット保険の給付方法



ペットが病気になって病院にかかったら、想像以上にお金がかかります。

もしものときのためにペット保険に加入しておきたいと考えている飼い主さんは、多いようです。
治療費の心配などせずに、大切なペットの介護をしてあげたいですよね。


ペットの治療費を、どのように保障してもらえるかをご紹介します。
保険会社によって違いますが、2通りの方法があります。

一つ目の方法は、病院で会計時に支払う治療費が自己負担額だけでいいものです。
これは、後で保険会社に申告手続きをとらなくても良いので、便利です。
しかし、どこの病院でもいいわけではありません。
保険会社と病院が提携していないとダメです。
ペットがかかりつけになっている病院が、保険会社と提携しているかのチェックが必要です。


二つ目の方法は、治療を受けた後に保険会社へ給付の申請書を提出するものです。
病院で診断書と領収書を発行してもらって、申請書と一緒に提出しなければにりません。
面倒だと思われるかもしれませんが、この方法をとっている保険会社がほとんどです。
しかし、どこの病院にかかっても保障が適用されるので安心と言えますね。


ペット保険の給付方法を比較し、ペットと飼い主さんにとってベストな方を選びましょう。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。