ペット保険とは



ペットが病院にかかると、かなりお金がかかります。
あまりの出費に、泣きたくなったことのある方もいるかもしれませんね。


わたしたちが病気になって病院にかかっても、健康保険に加入していれば医療費は3割負担で済みます。
しかし、犬や猫など、ペットが動物病院にかかると大変です。

わたしたちのように健康保険制度がないため、自費扱いとなって、高額な医療費を支払うことになります。
もしかしたら、医療費が高額で、ペットを病院に連れていけない方もいらっしゃるかもしれません。

これでは、ペットが可哀想すぎます。

ペットの病気を放置した結果、大きな病気になって、取り返しのつかない状態になるのを避けなければなりません。
そのためにも、医療費の保証をしてくれる『ペット保険』について知っておくことは大切です。

ペット保険に入るには、まず加入審査が必要です。
動物病院で診断書を書いてもらうケースもあります。
自己申告でOKのところもあります。

ペット保険に加入すると、「治療費」や「入院費」などの医療費保障が受けられます。
ただし、「避妊手術」「去勢手術」は適用されない保険もあります。
保険会社によっては、割引制度を適用しているところもあります。
事前によく調べてみましょう。


「うちのペットは大丈夫」と思っていても、どんな事故が起こるかは誰にもわかりません。
万が一、愛犬が他人を怪我させてしまった場合にも、「賠償金」が保証されます。
さらに、ペットが亡くなった場合の「死亡時給付金」も保障されます。

保険会社によっては「ペットホテルの紹介」や「無料相談」など、あらゆるサービスを提供しているところもあります。

加入条件や加入できるペットの種類などは、それぞれの保険会社で定めている規定によります。
いろいろな保険会社の資料を請求し、よく検討してみましょう。
ペット保険の加入はそれからです。


保障を受けずに元気でいられるのが一番の理想です。
しかし、何かあった時に悩まなくてもいいように、ペット保険に加入しておくと安心ですね。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。