警察犬とは



警察犬は、賢そうでかっこいいですよね。
よくニュースやドラマで見る警察犬
その機敏でスマートな動きはさすがです。

警察犬に認定されているのは、次の犬種です。
 ・ドーベルマン
 ・ラブラドールリトリバー
 ・コリー
 ・シェパード
 ・ゴールデンリトリバー
 ・エアデールテリア
 ・ボクサー
一番有名な警察犬は、シェパードでしょう。


警察犬の多くは、実は警察が所有している犬ではありません。
知っていました?
警察犬は、わたしたちのような民間人が所有している場合がほとんどなのです。

民間人所有の警察犬は、委託警察犬と呼ばれています。
警察から要請があった場合に出動する犬です。

では、その警察犬には、どうしたらなれるのでしょうか?
警察犬になるには、「警察犬訓練所」で1〜2年間訓練を受ける必要があります。
生後6ヶ月〜1歳未満の血統書犬が対象です。
犬種によっては、1歳を過ぎていても大丈夫です。
そして、警察実施の試験に合格した優秀な犬だけが、委託警察犬として認定されます。

警察犬の仕事には、4種類あります。
 ・足跡追求
 ・臭気選別
 ・捜索活動
 ・警戒活動

しかし、1頭の警察犬が4種類全ての任務を遂行するわけではありません。
犬によって、得手、不得手があるので、得意分野での仕事を行ないます。

警察犬にはなれなくても、ペットの愛犬が「警察犬のように機敏に行動できたらなぁ」とか「警察犬のように上手にしつけたい」とか、思いますよね。
警察犬訓練所では、しつけ教室も行なっています。
興味のある方は、警察犬訓練所をのぞいてみてはいかがでしょうか。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。