ペットの介護



ペットを飼うときには、ペットの老後まではなかなか考えないものです。

生まれたばかりの動物は、可愛くてかわいくて、見ているだけで笑顔になってしまいます。
しかし、動物もわたしたち人間と同じように、いえ、わたしたちよりも早いスピードで歳をとるのです。
今は可愛いい子犬も、必ず老いがきます。
老いがくるということは、介護が必要になるということです。

ペットと毎日一緒にいると、小さな変化にも気づくはずです。
なるべく早くその変化に気づいて、対処法を考えてあげましょう。

病気をよくするようにためには、動物病院の先生の指示のもと、症状にあわせたペットフードに切り替えましょう。
また、歩きたがらないからと運動をさせないのでは、老化を進行させてしまいます。
歩行を補助するハーネスなどの介護用品を上手に使うと良いでしょう。

ペットの介護には、体力と気力が必要です。
一人で介護の全てを抱え込まず、家族に協力を求めましょう。

ペットの介護の大変さは、人間の介護と何も変わらない」と、ペット介護を経験した方は言います。
介護疲れから飼い主が病気になってしまうこともあるのです。
介護が必要になった犬を、「もう面倒見れない…」と保健所に連れてくる飼い主もいるそうです。
長年共に生活したペットにそんな酷いことをするとは、普通は考えられませんが、これも現実です。

ペットにとっては、大好きな飼い主のもとで介護を受けるのが、一番幸せでしょう。
しかし、もし無理なら、長期で預かってくれる動物病院や施設もあります。
かかりつけの獣医さんに相談してみてください。

飼い主が笑顔でいられることが、ペットにとっても幸せなことなのです。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92982202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。