犬の散歩としつけ



は、習性として、自分の家族の中でリーダーを決めます。
人間社会で生きていく以上、飼い主がリーダーでなければ困りますね。
もし普段の生活の中で、何でもの要望をきいてあげたり、好き放題にさせているなら、は自分がリーダーだと思ってしまいます。
飼い主がリーダーだということを、愛に覚えさせなければなりません。

リーダーを決めておかないと、散歩のときにリードを引っ張られて、の好き勝手に歩かれるので困ってしまいます。
このような場合は、にリードを引っ張らない範囲で歩くことが散歩なのだと教えてあげてください。
がリードを引っ張って歩き始めたら、歩くのをすぐにやめましょう。
が引っ張るのを諦めておとなしくなったら、また歩きはじめます。
根気が必要ですが、これを繰り返すとが勝手に歩くことはなくなります。

快適に散歩ができると、も飼い主も、散歩が楽しみになってきます。
散歩に慣れてが喜ぶようになったら、一日2回は散歩に連れて行くようにしましょう。
しかし、ただ歩いているだけでは満足しません。
1回は一緒に走ってあげたり、ボールを使ったりして、十分な運動をさせてあげます。
こうすると、普段は家の中にいるも、戸外でつながれているも、ストレス解消できます。
また、飼い主とのコミュニケーションもとれるので一石二鳥ですね。

の散歩の際は、あらゆる事故を防ぐために、必ずリードをつけてください。
もちろんの排泄物は、きちんと持ち帰りましょう。

飼い主としてのマナーを守って、愛との散歩を楽しみましょう。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93020546
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。