パピーウォーカーとは



パピーウォーカーとは、将来盲導になるためのを生後2ヶ月から1歳になるまでの10ヶ月間、自分の家で家族の一員として育てる人です。

ボランティアには身近なことから国際的なことまで、さまざまな活動がありますが、『パピーウォーカー』もボランティアのひとつです。
障害を持っている方の手助けをしたいと考えていらっしゃるなら、パピーウォーカーはいかがでしょうか。

パピーウォーカーになるには、条件があります。

■ 室内でを飼えること
盲導は、視覚障害者の方と四六時中生活します。
当然、家の中で生活することが多くなりますから、外でを飼いたい方には無理ですね。

■ 家を空けることが少ないこと
は、将来優秀な盲導になるです。
盲導協会の希望するしっかりとしたしつけをすることが必要です。
ですから、家にいて子の世話をできる方がいなくてはいけません。

■ しつけは家族全員ですること
が誰の命令でもきけるように、しつけの方法は終始統一されていなくてはいけません。
家族全員の協力が必要です。

■ 訓練センターのしつけ教室に参加できること
と共に月に1度か2度訓練センターで行なわれるしつけ教室に参加し、「どれ程しつけがなされているか」など、子の状況を確認してもらいます。

他にも、盲導協会によって細かい条件があげられています。
主にこれらの条件をクリアできる方が、パピーウォーカーの対象になります。

しかし、先にも述べたように、を預かるのは1歳までです。
大切に育てたとお別れしなければならないことを忘れてはいけません。
とのお別れは悲しいけれど、自分が育てたが、障害者の方の生活の助けになることは素晴らしいことですね。
育て上げた子が、優秀な盲導として活躍して引退した後、引き取ることも可能です。

もしパピーウォーカーというボランティアに興味を持ったなら、盲導協会に問い合わせてみてください。
詳しく説明してくれます。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93469274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。