フェレットはペット用に改良された小動物


フェレットをペットとして迎えようと考えている方は近年多くなりました。
簡単にフェレットの特徴をご紹介します。



フェレットは、部屋で一緒に生活できます。
フェレット用のゲージもありますが、ほとんどの人は部屋で放し飼いに
しています。
大人になっても、猫よりも小さいので、ご近所に迷惑をかけることは
ありません。

発情期になっても凶暴になりません。
マンションに住む一人暮らしの方に、大人気です。

性格は温厚で飼い主によくなつき、大人になっても人と遊びます。
人間によくなれるので、しつけも安心です。
トイレも上手に覚えますし、家族同様に平和に暮らせます。
うんちもべとつかず、無臭です。
お風呂に入れることもでき、世話が楽です。

元々フェレットとは、家でペットとして飼うために改良された動物だ
ということをご存じだったでしょうか?
去勢、不妊、臭腺の除去手術をした小動物です。

しかし、手術していないフェレットや手術が不完全なフェレットは
強烈な臭いを出します。
発情期も凶暴になり、ホルモン系の病気になりやすいです。

フェレットが手術済みであっても動物特有の多少の体臭はありますので
それは覚えておきましょうね。




フェレットの散歩


フェレットは人によくなつくので、ペットとして大人気です。
フェレット同士でも遊びますから2匹一緒に飼うと良いでしょう。
好奇心が旺盛で、愛情を注げば注ぐほど、飼い主と他人を見分けるようになります。

トイレのしつけの他に、なんと芸も覚えます。
バッグに入って飼い主と一緒に外に出かけることもできます。

フェレットは散歩を嫌がりません。
散歩にはこちらが便利です。
      ↓



小さな場所に一時的に入ることを気にせず、よく寝ます。

屋内では、一日に数時間遊ばせて、駆け回らせてあげてください。
いろんなところに潜り込むのが大好きなのです。

ペットのフェレットは、視力と聴力が弱いです。
しかし嗅覚が非常に発達しています。
暑さには弱い動物です。
鳴き声をあまり出さず、鳴くとすれば赤ちゃんの時期です。

フェレットの寿命は約6〜10年くらいです。

ペットとして非常に飼いやすい小動物と言えます。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。