ラビットフードとおやつ


ウサギをペットにしたい方も多くいらっしゃるとことでしょう。
ウサギはぬいぐるみのようにかわいらしくて、ペットとしての大きさも
丁度いいですね。
ウサギを飼うときはどうしたらいいのか簡単にご紹介します。

ウサギに与える食事は、次のものがよいでしょう。
 ・ラビットフード(ベレット)
 ・にんじん
 ・キャベツ
 ・かぼちゃ
 ・ブロッコリー
 ・小松菜
 ・カブの葉
 ・きぬさや
 ・さつまいも
 ・とうもろこし
 ・干し草

食事は、常に新鮮なものを与えてください。
特に、干し草は毎日あげてください。
繊維質が多く含まれているので、ウサギが元気になります。

りんご、みかん、たんぽぽ、はこべなどは、時々与えてください。

ウサギにも好き嫌いがあります。
ペットショップのラビットフードには、固いものとやわらかいものが
あります。

いろいろなタイプを試してみてください。

ウサギのおやつもあります。

固いおやつは歯の伸びすぎを防ぐので大切です。
野菜や果物は、よく洗って水気をふいてから与えてください。
農薬がついていたら大変ですから注意しましょう。




うさぎの食事


うさぎに絶対に与えてはいけない食事は、次のものです。
 ・ねぎ
 ・長ネギ
 ・にら
 ・にんにく
 ・チョコレート
 ・アボガド
 ・ほうれん草
 ・毒性の強い野草
 ・観葉植物

アクの強いほうれん草をうさぎに与えると、中毒をおこす危険があります。
うさぎは犬と違い、間違って食べても吐き出すことができません。
可愛そうな思いをさせてしまうので気をつけましょう。
人間が食べるものは、味が濃過ぎなのでうさぎに与えないでください。

雑草は以下のものなら与えても大丈夫です。
 ・タンポポの葉

 ・はこべ
 ・のこぎりそう

 ・しろつめくさ
 ・おおばこ

 ・なずな
 ・くずの葉


これ以外は注意しましょう。




うさぎを迎える環境作り


うさぎを入れるゲージは、うさぎが中で体を伸ばせる大きさのものを
選びましょう。
うさぎが少々かじっても安心なゲージを選んで下さい。



うさぎの床には気をつけてください。
床に敷くものは、風通しがいいものにします。

下はウンチが落ちる金網が適しています。
その上に、木のすのこなどのやわらかいものを敷きましょう。

うさぎの足の裏には、肉球がありません。
床をやわらかくふかふかにしてあげないと、傷ができてしまうことも
あります。
床には十分気を遣ってあげてください。

うさぎのトイレは、ペットシーツで十分です。

その他、しつけ、食事を与える時間など、うさぎについて様々なことを
知っておかなければいけません。
わらないことは、ペットショップの店員さんなどに何でも聞いてください。

うさぎはデリケートな動物です。
ストレスがかからない環境を作ってあげてから、うさぎを迎えましょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。