ヘビをペットとして迎える @



ペットも時代によって変わってきました。
現代では、様々なペットを飼っている方がいます。
ヘビをこれからペットにしようかとお考えの方へ、ヘビの簡単な特徴と飼い方についてご紹介します。

ヘビは、爬虫類の中で最も飼育が難しいと言われています。
軽い気持ちでヘビペットとして飼うことはできません。

食事は、犬や猫のようなドライフードではないのです。
ヘビは、生きたものしか食べません。
えさに怯えてヘビが拒食になってしまうこともあります。
ヘビは大変神経質な生き物であるということを念頭において、ペットとして迎えるか否か、よく考えてくださいね。

ヘビを迎える前に準備するものは、まずヘビの食事です。
ヘビの種類によって違いますが、生きたネズミ、カエル、ヒヨコ、昆虫などを食べます。
ヘビは『変温動物食』と『恒温動物食』とに分けられ、食べ物が違います。
わからないことは、ペットショップに問い合わせましょう。

ヘビは習性で、生きた動物を捕まえて食べます。
生きたエサしか受け付けないのです。
もちろんヘビに食事を与えなければ、死んでしまいます。
ですから、常に生きた状態のエサが手に入れられるようにしておく必要があります。

次のような方法が一般的です。
 ・ペットショップに申し込む
 ・自分でマウスを育て繁殖させる

ヘビをペットとして迎える A



の食事は用意できましたか?

次に、の飼育箱を用意します。
少しも隙間のないようにしてください。
プラスチック水槽は通気性がないので適しません。
木製の飼育箱を用意してください。
できるだけ大きい飼育箱が良いですね。

には、環境づくりが大切です。
温度も調整してあげなければいけません。
22〜23度くらいの温度を保ってください。
温度計を取り付けておくと良いでしょう。
サーモスタットを取り付けると便利です。

の飼育箱には、パネルヒーターや発熱電球を設置します。
発熱電球は火傷をしないように気をつけて取り付けましょう。
パネルヒーターは、床の一部分に設置してください。
窓に金網をつけて、通気用と暖房用の大きな窓も作らなければいけません。

は暗闇が大好きです。
部屋の明かりが照らされる所では、は幸せになれません。
暗〜い場所を作ってあげましょう。
登り木を1本設置しましょう。
が十分に入れる水を入れて、プールも設置してください。
これは、の飲み水にもなります。
タグ:ペット ヘビ

ヘビをペットとして迎える B



ヘビペットとして飼うときに最も難しいことは、ヘビエサを食べさせることです。

ヘビは、エサを食べなくなってしまうことがあります。
ヘビが安心して食べられるように、食事を工夫する必要があります。
エサを与えてから30分経過しても、ヘビエサを食べない場合には、与えたエサを取り出してください。
そのまま放置すると、ヘビはそのエサを食べなくなります。

また、エサが大きすぎて吐き出すこともあります。

同時に複数のエサを与えずに、一匹ずつ与えてください。
間を空けずに次のエサを与えなければならないので、ヘビの食事の時には、飼い主が見ていなければなりません。

ヘビの食事に関しては、必ずペットショップで確認してください。

ペットヘビを飼うときに、一つの同じケースに多くのヘビを入れないでください。
ヘビにストレスがかかり、死んでしまいます。
食事を分けられずに、死んでしまうこともあります。

ヘビの脱皮は、必ずチェックしましょう。
ヘビが健康であるか、確認してください。
脱皮の時期には目が白く濁り、ヘビは普段より神経質になります。
飼い主にでも噛みつくので、気をつけて接してください。
いくら可愛いといっても、触りすぎもヘビのストレスの原因になります。
細心の注意を払って飼ってください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。