ダックスフンドをペットとして迎える @



ダックスフンドペットとして人気があります。
ダックスフンドペットとして迎えようとお考えの方へ、ダックスフンドの性質や飼い方についてご紹介します。

ダックスの特徴は、かわいらしい短足と胴長のスタイルです。
体の大きさは、3タイプに分かれます。
 ・スタンダード
 ・ミニチュア
 ・カニンヘン(体重2.3kg以下)

ダックスの毛質のタイプも、3タイプに分かれます。
 ・短毛のスムースヘアー
 ・かたい剛毛のワイアーヘアー
 ・ウェーブのかかったやわらかい毛質のロングヘアー
ワイアーヘアーは、幼い頃からひげのある顔をしています。
老けて見られがちですが、愛くるしい顔をしています。

ダックスの毛色も様々です。
 ・赤
 ・チョコレートタン
 ・ブラックタン
 ・タップル
同じ毛色でも微妙にカラーや模様が違います。
お気に入りのダックスを見つけましょう。

ダックスフンドをペットとして迎える A



ダックスは本来、狩猟なのですが、現在ではペットとしての人気が非常に高くなっています。
家族にもよくなつく番として、広く愛されています。

ダックスの性格は、とても活発で、動きは機敏です。
飼い主への愛情はとても深く、ペットとして魅力的な種といえます。
知らない人が来ると、鳴いて飼い主におしえてくれます。
アパートやマンションなどで飼うときには、鳴かないようにしつけが必要になります。

ダックスはどの被毛のタイプでも、ブラッシングをまめに行ってください。
毛が抜ける時期には時に、ブラッシングは毎日欠かさず行いましょう。
ダックスは飼い主と一緒にお風呂に入ります。
シャンプーもしてあげてください。
ダックスのシャンプー後は、完全に乾かして温かくしてあげましょう。
中途半端に乾かすと、ノミやダニの原因になってしまいます。

ダックスがスムースヘアーの場合は、ビロードの布やセーム革でなでてあげるとツヤが出て美しくなります。

ダックスは、プードルなどの種に比べると、トリミングがそれほど難しくありません。
ご家庭でカットする飼い主さんもいます。
スムースに関してはカットの必要はありませんが、ロングヘアーの場合には、定期的にトリミングしてあげましょう。

ダックスフンドをペットとして迎える B



ダックスは、小さい体の割りにスタミナがあって活動的です。
1日に1〜2回は外で運動させてください。
になると静かになりますが、散歩は必要です。
運動すると、骨を守る背筋と筋肉が鍛えられるからです。
また、運動は椎間板ヘルニアの予防にもなります。
しかし激しい運動は逆に負担になりますので、加減しながら遊ばせましょう。

ダックスの成期の食事は、特に肥満に注意してください。
肥満は、湿疹の原因となります。
心臓に負担もかかり、疲れやすくなります。
椎間板ヘルニアも、肥満が原因で発症する場合があります。
肥満はまた、糖尿病や心臓病などの老共通の病気を引き起こします。
ダックスの食事には、細心の注意を払いましょう。

ペットは小さくて可愛い時だけがペットではありません。
になってからも、ペットなのです。
責任を持って、末永く可愛がってください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。