猫をペットとして迎える @



ペットとして迎える前に、心の準備をしましょう。
の性質を簡単にご紹介します。

は、長生きするで20年以上生きます。
20年の間、わたしたちには様々な出来事が起こるでしょう。
人間の都合で飼えなくなるということがあってはいけません。
最後まで、責任を持ってペットを可愛がってあげましょう。

の性質は、犬とは大分違います。
元々単独で生活する動物なので、ある程度のしつけはできても、犬のようなしつけは無理です。
「犬はいろいろなことを覚えるのには覚えない」という認識がありますが、の知能が低いわけでも、学習能力がないわけでもありません。
犬とでは性質が違うからです。
犬はボスを決めて、群れを作って生活する動物です。
は単独で生活するので、何でも自分で判断する習性を持っています。
にはしつけができないのではなく、にはのしつけ方があるのです。

猫をペットとして迎える A



は、飼い主の言ったことを実行してくれる動物ではない」ということを、きちんと理解してからを迎えなければいけません。

は、わたしたちが考えている以上に、順応性に優れた動物です。
は気ままに見えますが、犬と同じように甘えん坊です。
性格にもよりますが、いつも人のそばにいるも、人と一緒に寝るもいます。

ペットとして迎えるきっかけは、人それぞれだと思います。
捨てを拾ったり、産まれた子をもらったり、ペットショップから購入したりしてを飼い始めます。
どんな飼い方をしたでも、ワクチン接種と去勢・避妊手術は必ずしてください。
また、は室内飼育をしてください。

猫をペットとして迎える B



ペットとして飼う場合には、室内飼育を強くおススメします。
家に閉じ込めておくのはかわいそうですが、外出すると様々な危険があるからです。
 ・ケンカ
 ・伝染病の感染
 ・交通事故
 ・中毒
 ・虐待
の命を危険にさらすことにもなりますから、飼い主になる以上はペットの安全を最優先して守ってあげてください。

を拾ってきた場合は、早めに動物病院に連れていきましょう。
獣医師に診てもらい、病気に感染していないかを検査します。
拾ってきた以外でも、ペットとして一緒に生活する前には、一度検査を受けたほうが良いでしょう。

に限りませんが、ペットとして動物を迎える前には、いろいろな準備が必要です。
そのことを忘れずに、責任を持ってペットの世話をしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。