カメの飼い方


亀をこれからペットとして飼う方に、どうしたらよいのかをご紹介します。



「鶴は千年、亀は万年」と昔から言われていますね。
その通りカメは大変長生きします。
クサガメやミドリガメの寿命は30年程です。
最後まで責任を持って可愛がってあげましょう。

沼亀を飼うには、まず水槽を用意します。
水槽の大きさは体長の10倍程度の物を選んでください。
水槽に水を入れます。
カルキ抜きした水をカメが首を伸ばして顔を出せる程度に入れましょう。
成長したら水の量を増やしても大丈夫です。
しかしカメは空気中で呼吸するので、水深を深くしすぎてはいけません。

カメは毎日、日なたぼっこをします。
甲羅が頑丈に大きく育つためです。
そのためにライトが当たる暖かい場所を作ってください。
またカメは狭い場所が好きなので、隠れられる場所を作ってあげましょう。

温度管理も必要です。
室内で飼う場合、寒暖の差を付けます。
水温は26℃程度、ホットスポットは28〜35℃程度が目安です。
ホットスポットは、昼間にライトを点灯し夜に消灯してください。

水が冷たくなるとカメは冬眠を始めてしまいます。
冬眠中は仮死状態になるので、水中ヒーターを用意してください。
冬眠しなくても平気なので、しっかり管理してあげましょう。



タグ:カメ ペット

カメの世話


カメには、寂しがり屋です。
遊びたい生き物なのでカメと一緒に遊んであげましょう。

カメの一日は、朝起床し、ホットスポットで体温を上昇させ
その後食事になります。
ホットスポットで昼寝をして夜も寝ます。

カメを迎える前に用意する物はいろいろあります。
家に迎える前に環境を整えてあげましょう。
 ・水槽
 ・水
 ・餌

 ・ヒーター
 ・陸場
 ・白熱球などのライト
 ・温度計

子カメの水はカルキ抜きをしっかりとしてください。
ある程度成長すれば神経質にならなくても大丈夫です。

カメは水をよく汚すので、水交換は3日に1回行なってください。
日光浴が必ず必要で、紫外線が重要です。
日光浴が足りないと甲羅が柔らかくなり、病気になります。

カメは長生きするのでしペットとして飼いやすいように思えますが
きちんとした世話が必要です。

責任を持ってカメを可愛がってあげましょう。



タグ:カメ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。