ペットが亡くなったときの土葬 @



ペットは、家族のと同じく辛く悲しいものです。
葬儀はペット葬儀専門業者にお願いする方法がありますが、自宅で土葬するときには、どのようにすべきでしょうか。

ペットの亡骸は、飼い主が葬ってあげなければいけません。
飼い主には、最後まで責任があるのです。

ペット土葬の一般的な方法は、自宅の庭に埋めてあげる方法です。
亡くなったペットを可愛がっていた家族みんなで穴を掘り、そこに手作りのお墓を作るのです。
庭に土葬すれば、ペットがいつも家族の側にいるような安心感がありますね。

しかし、土葬には良い点だけではなく、危険も伴います。
野生動物に掘り返されてしまう可能性もあるのです。
深い穴を掘れる広い庭であれば安心ですが、都会では難しいでしょう。
また、庭が広くても、土壌や水質汚染に影響が出るようであれば、問題です。
ペット土葬は、このようなことにも配慮して決定しなければなりません。
タグ:土葬 ペット

ペットが亡くなったときの土葬 A



ペットを飼っている方は、アパートやマンション暮らしの方も多いという現実もあります。
亡くなったペット土葬したくても、穴を掘れる場所が確保できない状態にあります。

土葬に良さそうな場所を見つけても、自分の土地以外に埋葬することは違法です。
近くの空き地や公園にも、もちろん埋葬できません。

ペット土葬の条件は難しくなっています。
自宅に埋葬する場合にも、一旦火葬してから埋葬する方法が良いかもしれません。
最近は専用グッズも販売されていて、ベランダや自分の部屋に亡くなったペットのお骨を置くこともできます。

ペットの葬儀



ペットが亡くなった時には、飼い主はあまりの悲しみで何もできなくなります。
まずは、ペット葬儀業者に連絡してください。
自分の気持ちを落ち着かせてください。

葬儀業者は、動物病院からも紹介してもらえます。
タウンページにも載っているので、調べてみましょう。

ペット葬儀業者は、365日、24時間で受付しています。
連絡する時は、具体的な要望や、わからない点を訊いてください。
葬儀の日取りや予算を話し合います。

ペットは、かなり辛いものです。
いつかその日が来るとはわかっていても、いざペットが亡くなると、ペットを受け止めることができません。
事前に葬儀業者やペット霊園を調べておくと良いでしょう。
ペットんだ直後は、気持ちが混乱して冷静に対処できなくなるものです。
予算を調べたり、電話番号を知っておくだけでもかなり違います。

ペット葬儀専門業者の葬儀は、全部で4種類に分けられます。
合同葬、個別葬、立ち会い葬、自宅葬です。
業者さんと話し合い、納得のゆく方法の葬儀を選びます。
タグ: 葬儀 ペット

ペットの葬儀の種類 @



ペット葬儀には、いくつかの種類があります。

ペット葬儀 その1
■ 合同葬 ■
僧侶が読経し、葬儀が終わった後にペットとお別れします。
その後、他のペットと一緒に火葬します。
火葬後、寺院で納骨してお墓に入れます。
火葬に立ち会って骨を拾うことはできません。

ペット葬儀 その2
■ 個別葬 ■
僧侶が読経します。
葬儀が終わった後、個別に火葬します。
その後、納骨します。
納骨せずに骨を持ち帰ることもできます。
お骨上げは、業者が行います。

ペットの葬儀の種類 A



ペット葬儀 その3
■ 立ち会い葬 ■
僧侶が読経します。
葬儀が終わった後、個別に火葬します。
お骨上げを希望する場合は、飼い主がお骨上げをすることもできます。
骨を持ち帰ることもできます。

ペット葬儀 その4
■ 自宅葬 ■
自宅に移動火葬車が出張して、葬儀火葬を行ないます。
火葬は、生前ペットが好きだった散歩コースで行なうこともできます。
しかし、ずさんな設備の業者は悪臭や煙でトラブルになります。
後で問題になるので、事前に業者を調べてください。
自宅での訪問火葬を選ぶ場合は、きちんとした業者を選びましょう。

ペット葬儀のマナー @



ペットが亡くなった」と、知人から連絡を受けたら、飼い主と親しければ必ず相手の自宅に伺うでしょう。
ペット葬儀のマナーについて、簡単にご紹介します。

ペットと友人に会いに行くのだから、普段の服装でいい?」
もちろん、そういうわけにはいきません。
ペットを亡くした知人の家では、悲しみにくれているのです。
きちんとしたお葬式を執り行なっているかもしれません。
服装は、派手な色をさけてください。
派手ではない服装で知人宅に行くことは、マナーとしてとても大切です。

ペット葬儀に持って行く物は、お花が一番です。
どんな花を選べば良いのかわらない場合には、お花屋さんにペット葬儀であることを伝えてください。
適したお花を選んでくれます。
大切なのは「気持ち」なので、考えすぎずにかわいいお花を持参してください。
タグ:葬儀 ペット

ペット葬儀のマナー A



ペットを亡くした飼い主へのお悔やみの言葉は、注意が必要です。
参加者の不用意な言葉が、飼い主を傷つけることが多々あります。
飼い主にしてみれば、家族が亡くなったのと同じ悲しみです。
「新しいペットを飼ったら?」などという言葉は、絶対に言ってはいけません。
相手の悲しみを思い、励ましてあげたい気持ちを率直に伝えてください。
ペット葬儀のマナーで、この部分はとても大切なことです。

ペットを失った飼い主は、悲しみのあまり、ペットを受け入れられないことがあります。
ペットロス症候群になることもあるのです。
精神的にも身体的にも不調をきたし、様々な症状が表れます。
 ・うつ症状
 ・食欲不振
 ・不眠

ペットは、愛情をかけた分だけ悲しみが大きく、一緒に暮らした期間が長い分だけ辛いのです。
しかし、ペットを失った心の傷は、必ず時間が癒してくれます。
時間が経てば、ペットを失った悲しい気持ちが、ペットへの感謝の気持ちに変わります。
辛くても前向きに生きていくよう、飼い主を助けてあげましょう。
タグ: 葬儀 ペット

ペットが亡くなった時の安置方法 @



ペットが亡くなると、どうしたらよいのかわからずに慌ててしまいます。
安置方法を知っておくと、すばやく対処できるのでしょう。

ペットが亡くなったら、柔らかいタオルなどの上にペットを寝かせてあげましょう。
上に毛布をかけ、涼しい場所に安置してください。
生前にペットが使っていたマットなどがあれば、それを使ってあげるとよいでしょう。

ペットが亡くなったのが気温の高い夏や、暖房を入れている冬だった場合には、タオルにくるんだ氷や保冷剤を使用します。
ペットの体の下(特に腹部や頭部)に置いて、涼しくしてあげてください。
冷房をかけて、涼しい環境を作ります。
タグ:ペット 安置

ペットが亡くなった時の安置方法 A



ペットも時間の経過とともに、死後硬直が始まります。
その前にペットの目や口を閉じて、きれいに寝かせてあげましょう。
口や鼻やお尻から、汚物が出ることもあります。
その都度、ふき取ってあげてください。
これは生き物の自然の姿なので、そばで亡くなったペットを見守っていてあげてください。

ペットが家族と過ごせる最後の時間は、埋葬の日までです。
愛情をたくさん注いで、ペットとの時間を過ごしてください。

ペットの飼い主は、気が動転しているものです。
周りの人たちが助けてあげることも必要になります。
皆さんで協力して、辛い時期を乗り切ることも大切です。
タグ: ペット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。