ペットの椎間板ヘルニア



ペットにも椎間板ヘルニアがあることを、ご存知でしょうか。

椎間板ヘルニアは、骨や関節にかかわる病気です。
ビーグル、シーズー、ダックスなどの犬種に、椎間板ヘルニアが多くみられます。
椎間板ヘルニアという病気は、背骨(脊椎)を形成する椎骨をつなぐ椎間板が、老化して固くなってしまう病気です。
ひどくなると、骨が外に突き出たり、椎間板内の髄核が外に噴出します。

ペット椎間板ヘルニアになると、歩行が大変難しくなってしまいます。
背骨の上の神経細胞(脊髄)を圧迫して、神経が麻痺します。
前足や後足が麻痺して、歩くのをいやがるようになります。
神経麻痺を早く発見して治療すれば、治ることが多い病気です。
しかし、手遅れになってしまうと神経細胞が壊死し、生涯歩けなくなる例も多々あります。

椎間板ヘルニアの治療法は、ペットの病状によって異なります。
症状が軽い場合には、内科的治療で副腎皮質ホルモンの治療をします。
症状が重い場合には、外科的手術をします。
骨を一部除去する手術ですが、必ず歩けるようになるとは言えません。

ペットの椎間板ヘルニアのリハビリ方法



ペット椎間板ヘルニアのリハビリには、以下の方法があります。

■ マッサージ
四肢や患部を擦るようにマッサージします。
ペットが痛がらないか、確認してください。

■ 屈伸運動
足をゆっくりと屈伸させ、神経がどこまで通っているかを調べてください。

■ タオル歩行
タオルで支えながら、歩行訓練をします。
無理をさせないでください。

■ 温浴リハビリ
飼い主がペットと一緒に温浴に浸かって、徐々に足を動かしてあげます。

■ 指圧
患部を刺激する程度に指圧します。
強く押さないでください。

■ 肉球指圧
足裏の肉球を優しく揉んであげます。
症状がよくなることもあります。

ペット椎間板ヘルニアになりやすい犬種は、アメリカンコッカースパニエル、ウェルシュ・コーギー、ミニュチュア・ダックスフンド、シーズー、ビーグル、ペキニーズ、フレンチブルドックです。
気をつけてあげましょう。

ペットの椎間板ヘルニア体験談 @



ペットが「椎間板ヘルニア」になったときの体験談をご紹介します。


わたしの家には、ダックスフンドが2匹います。
ある日、7歳のダックスフンド(ダックス)が、突然歩けなくなってしまいました。
「散歩に行こう!」と言っても喜ばず、動きません。
初めは「元気がないだけかな?」と思いました。
しかし、ダックスの後ろ足が完全に麻痺していました。

ダックスの姿に驚いてどうすることもできず、飼い主のわたしが泣いていました。
のダックスは声に出して「痛い」とも言えません。
辛いのはわたしではなくダックスの方です。
強い気持ちを持って、ダックスが治るまで一緒に頑張ることを決意しました。

動物病院での検査の結果、ダックスは重度の椎間板ヘルニアでした。
薬をもらいましたが、一向によくなりません。
「手術をしても50%の確率でしか治らない」と告げられ、わたしとダックスの闘病生活が始まりました。

ペットの椎間板ヘルニア体験談 A



ダックスの尻尾は動かず、座ると後ろの足が折れている状態です。
トイレも痛いのか、力むこともできません。
とても辛そうでした。
気分転換に、庭で1時間以上足を持ち上げたり、遊ばせたりしました。
トイレがしたくなったら、わたしがダックスの足を支えて、させてあげるようにしました。

ダックスが家の中にいるときには、体を温めてコルセットを巻きました。
夜はダックスと一緒にお風呂に入り、足のマッサージをしてあげました。
食事も、わたしが作ったものをダックスに食べさせました。

ダックスの足が少しだけ動くようになったのは、2週間が経過した頃です。
尻尾もわずかに動きました。
しかし、歩くことはまだまだできません。
わたしは、インターネットでペットの椎間板ヘルニアに効く物を探し始めました。
わらにもすがる思いです。

用のグルコサミンサプリメントを見つけたので、だめもとで購入してみました。

ペットの椎間板ヘルニア体験談 B



ダックスのために、インターネットを調べ、用のグルコサミンサプリメントを購入してみました。
飲ませる量をしっかりと調べ、食事に混ぜて与えました。
毎日、祈る思いでした。

ダックスは少しずつ、少しずつ、神経の麻痺がよくなってきました。
そして、1ヶ月で以前のように歩けるようになりました。
「手術でも難しい」と言われていた症状が、よくなったのです!

あれから6年、老になってしまったダックスは今も元気です。

ダックスがヘルニアになる前のことを思い返すと、ダックスは階段をいやがることが何度かありました。
その時に気付いてあげられていれば、大切なダックスに痛い思いをさせずに済んだのだと思います。
飼い主のわたしの責任だと、自分を強く責めました。

ペットの椎間板ヘルニア体験談 C



椎間板ヘルニアになりやすいペットは、高い段差の上り下りと肥満には、十分に気をつけてください。

ペットは、どんなに痛くても話すことができません。
でも、犬も痛いときには涙を流します。
「飼い主が細心の注意を払ってペットを守ってあげなければいけない」と、強く心に思いました。

ダックスとの闘病生活から学んだ教訓があります。
 ・ペットのちょっとした変化に敏感でいる。
 ・突然ペット病気になっても、飼い主は冷静に。
 ・前向きに、できることは積極的にしてあげる。
 ・病状が変わらなく感じても、あきらめずに治療を続ける。

ペットを大切に飼っていて、同じ悩みを抱えている方も多いと思います。
わたしの体験談が、飼い主さんたちの力になれれば嬉しく思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。