犬に元気がないとき @



ペットがいつもと違って元気がない時はありませんか?

ペット()に元気がない時に考えられる原因
 ・打撲などのケガ
 ・先天性の心臓の病気
 ・ストレスなど精神的に落ち込む
 ・肝臓の病気
 ・ガン
 ・内分泌の病気
 ・慢性腎不全
 ・内部寄生虫
 ・食べ物による中毒

も猫も、飼い主に信号を送っているのです。
元気がない時は、早めに獣医師に診てもらうようにしてください。
タグ:ペット

犬に元気がないとき A



ペットに元気がないだけでなく、何か普段とは違った異変はありませんか?

ペット()に元気がない時に見られる症状
 ・食欲がない
 ・熱が出る
 ・鼻水が出る
 ・よだれが出る
 ・下痢
 ・体が震える
 ・体の一部をしきりとなめる
 ・歩行がおかしい
 ・息遣いが荒い

ペットのこれらの症状から、元気がない原因を推測できます。
動物に元気がない時は、あらゆる病気や怪我などのサインと考えてください。
はっきりとした原因が分からない時は、獣医師に診てもらいましょう。
タグ:ペット

犬が突然吐く原因



ペットが突然吐いた場合は、ただの食あたりではないかもしれません。
様々な原因が考えられます。

が吐いた場合、原因として以下のことが考えられます。
 ・フィラリア症
 ・感染症
 ・内部寄生虫
 ・尿毒症
 ・消化器の病気
 ・急性腎不全
 ・事故による頭部強打
 ・腹部の腫瘍
 ・悪性リンパ腫
 ・腎炎
 ・子宮蓄膿症
 ・糖尿病性ケトアシドーシス
 ・異物を呑みこむ
 ・中毒
タグ:ペット

犬が突然吐くとき



は、体を正常に保つために、散歩の途中などで道路わきの草を食べたりします。
その後に、草を吐き出します。
これは病気ではなく、生理的に正常なことなので心配はいりません。

しかし、理由もないのに嘔吐を繰り返し、ペットがぐったりしている場合には心配です。
病気や中毒のサインと考えられます。
すぐに獣医師に診てもらってください。

特に気をつけなければいけないのは、以下の吐き方です。
 ・一日に何度も吐く
 ・激しく吐く
 ・苦しそうに吐く
 ・吐いた物の中に血が混じっている
これらは正常ではありません。
タグ: ペット

犬がかゆがる動作の原因



がしきりに体を痒がるときには、次の原因が考えられます。
 ・肝臓の病気
 ・腎臓の病気
 ・寄生虫による皮膚病
 ・膿皮症
 ・過敏症
 ・アレルギーによる皮膚病
 ・シャンプーが合わない

ペットを室内で飼っていても、ダニやノミのような寄生虫が存在すると、皮膚が痒くなります。
皮膚が強い弱いなどの個体差も考えられますが、大切なペットのために室内を清潔にしてあげましょう。

症状が悪化すると、湿疹ができたり、皮膚がただれたり、脱毛したりします。
痒がって自分の爪で同じところをかいてしまうと、皮膚に傷がつきます。
ペットに痒がる症状がある場合には、シャンプーしてあげたり、獣医さんが処方した薬で対処してください。
タグ: ペット

犬がかゆがる動作の予防



ペットが皮膚を痒がるときには、使っているシャンプーが合わないことも考えられます。
シャンプーをしっかり洗い流していない場合にも、痒くなることがあります。
何らかの病気によって皮膚が過敏になっていることもあります。
ペットの様子に異変を感じたら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。

梅雨時期に症状が起こりやすくなるので、予防として、ペットを清潔にしてあげてください。
夏にかけても、皮膚病にかかりやすくなります。
小屋に湿気がこもると、カビや細菌などが繁殖しやすくなります。
こまめに掃除や消毒をして、風通しのいい環境を作ってあげてください。
梅雨時期から夏にかけては、用のノミ・ダニの予防や駆除をするようにしてください。

痒い皮膚が回復して元に戻るまでには、時間がかかってしまいます。
飼い主が責任を持って、しっかりとペットの体調管理をしてあげてください。
タグ:ペット

犬の便秘の原因



ペットも人間と同じで、便秘をします。
わたしたちが便秘になれば苦しいのと同じで、ペット便秘のときには苦しいのです。

便秘になる原因として、以下のことが考えられます。
 ・前立腺肥大
 ・会陰ヘルニア
 ・脊髄の異常
 ・下半身のケガ
 ・甲状腺機能低下症
 ・カルシウム(骨)の過剰摂取
 ・肛門周辺の毛のかたまり
 ・肛門嚢炎
 ・繊維質の過剰摂取
 ・先天的な異常(鎖肛)
 ・骨盤の骨折
 ・排便の環境の不適切
タグ:ペット 便秘

犬の便秘の予防法



便秘は、人間のように食物繊維が足りないという原因だけではありません。
飼い主に何らかの危険信号を送っている可能性もあります。

食べ物や生活環境でも便秘になりますが、他の原因もあります。
「ただの便秘」と甘くみないようにしてください。
には、サツマイモやキャベツなど、繊維質の多い食べ物を与え続けてはいけません。
逆に便がかたくなり、便秘になります。

が神経質な場合は、排便しにくい環境でも便秘になります。
ペットの様子をよく見ていてあげてください。

便秘の予防方法として家庭でできることは、ペットの肛門周辺の毛を清潔にしてあげることです。
ブラッシングも良いでしょう。
伸びすぎた被毛を適度に切りそろえてあげることも、効果があります。
タグ:便秘 ペット

犬の脱毛の原因 @



  ペットの毛がいつもより抜けていませんか?
ペット脱毛は、ただ毛が抜けているだけではないかもしれません。
脱毛が病気のサインの場合もあるのです。

ペットがどのような症状かは、飼い主がしっかりと観察しなければいけません。
異変に気づいたら、速やかに獣医さんに相談してください。

脱毛で考えられる原因には、以下のものがあります。
 ・クッシング症候群
 ・脱毛
 ・ノミアレルギー
 ・寄生虫による皮膚病
 ・毛包虫症
 ・ホルモン性皮膚炎
 ・精巣の腫瘍
 ・疥癬
 ・白癬
 ・換毛
タグ: ペット 脱毛

犬の脱毛の原因 A



は、外で飼っていても、室内で飼っていても、脱毛します。
特に、春から夏にかけての季節です。
人間が衣替えをするように、も気温の上昇に合わせて体温の調整をしているのです。
この脱毛は、心配いりません。
じきに新しい毛が生え、正常な状態に戻ります。

しかし、春から夏にかけて以外の脱毛は、季節による脱毛ではありません。
何らかの原因が考えられます。
全身の毛や一部の毛が異常に抜け落ちるようなら、以下の原因が考えられます。
 ・ホルモン分泌異常
 ・皮膚病
 ・外部寄生虫
早めに獣医師に診てもらいましょう。
タグ: ペット 脱毛

犬の目ヤニと涙 @



ペットの目ヤニや涙に気づいたら、そのまま放置しないでください。
早めに獣医さんに相談しましょう。

の目ヤニや涙の原因は、以下のものが考えられます。
 ・結膜炎
 ・乾性角結膜炎
 ・角膜炎
 ・眼瞼内反症
 ・眼瞼外反症
 ・流涙症
 ・チェリーアイ
 ・逆まつげ
 ・全身的疾患
 ・感染症

ペットの目ヤニは、眼球表面の角膜が傷ついて起こることがあります。
炎症が起きていたり、まぶたの内側の結膜に異常がある場合が多いのです。
飼い主が判断することはしないで下さい。
タグ:ペット

犬の目ヤニと涙 A



の中でも、目やにや涙の病気にかかりやすい犬種は、次の2つです。
 ・プードル
 ・コッカースパニエル

ペットの目やにが黒っぽく、目のふちに付着している程度のものは、心配ないでしょう。
しかし、黄色で粘液性の目やには病気の可能性があります。
目が赤く充血している場合も、病気かもしれません。
早めに獣医さんに診てもらってください。

ペットの涙が止まらない症状の場合は、涙小管が詰まる病気かもしれません。
涙やけしてしまうので、早めに獣医さんに相談してください。

ペットの健康は、飼い主が責任を持って管理しなければいけません。
ペットに目やにや涙が見られたら、勝手に軽く考えずに、獣医師に診てもらいましょう。
タグ: ペット

犬の便の異常 @



ペット便のおかしな症状に気づいたら、細心の注意を払ってペットを見てあげてください。
も猫も、便が病気のサインであることが多々あります。

便の異常として考えられるのは、以下のことです。
 ・胃と腸の病気
 ・下痢
 ・肝臓の病気
 ・すい臓病
 ・感染症
 ・ジステンパー腹部の腫瘍
 ・内部寄生虫
 ・パルボウイルス感染症
 ・レプトスピラ症
 ・犬伝染性肝炎
 ・中毒
 ・過食
 ・精神的ショック

犬の便の異常 A



ペットも人間と同じように、下痢をします。
人間も下痢をすると辛いように、ペットも辛いのです。

(成)が牛乳を飲むと、下痢をすることがあります。
人間が飲む牛乳を、の食事の時に与えることは避けてください。
成長した大人のは、乳糖成分を消化する酵素が不十分なのです。
牛乳は下痢の原因になります。

寄生虫が体内に多数いたり、すい臓病にかかっている場合にも、下痢の症状がでます。
精神的なショックも、下痢の原因になります。
細菌やウィルスに感染していると、下痢や発熱の症状があります。
体温が39.5℃より高い場合には、その可能性が考えられます。

ペットの便は、水状の便や、タール状の便に変化します。
飼い主はすぐに気がつくでしょう。

治療方法には、以下のものがあります。
 ・1日くらいの絶食
 ・消化のよい食べ物と下痢止めの薬を与え安静にする

それでも症状がよくならずに下痢が続いたり、嘔吐がある場合は、命の危険も考えられます。
早めに動物病院を訪れて獣医師の治療を受けさせてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。