ねこに元気がないとき @



ペットがいつもと違って元気がない時はありませんか?

ペット()に元気がない時に考えられる原因
 ・精神的ストレス
 ・打撲
 ・骨折
 ・内臓疾患
 ・アレルギー
 ・尿路結石
 ・胆管肝炎症候群
 ・肝臓の病気
 ・フィラリア症
 ・感染症
 ・糖尿病

に元気がない時は、が苦しんでいると考えてください。
早めに獣医師に診せることが、ペットの寿命を左右します。

ねこに元気がないとき A



ペットに元気がない時に見られる症状と要因は様々です。

普段元気なネコが病気になると、行動だけでなく、顔の表情までが変わります。
飼い主がネコの名前を呼んでも見向きもせず、食事にも興味を示さず、物陰でじっとしているようになります。
ネコの様子を、よく観察していてください。

ネコは、メンタル面で落ち込む動物です。
次のようなシチュエーションで、ネコは元気がなくなります。
 ・ネコ同士のケンカで負けたとき
 ・新しいペットを飼うようになって自分に目を向けられなくなったとき
 ・環境が変わったとき

呼吸や鼓動が普段より速く、ネコの耳の先端まで熱い場合には、熱があるのかもしれません。
また、急に元気がなくなったときには、心や体に異常が起きています。
食事をとらず水も飲まない場合には、生命に関わります。

ねこが突然吐く原因



が吐く原因は、犬とは少し違います。

以下の原因が考えられます。
 ・食べすぎ
 ・毛球症
 ・小異物を呑みこむ
 ・動物を羽毛や毛ごと食べた
 ・内部寄生虫
 ・その他ウイルス感染症
 ・感染症腸炎
 ・尿毒症
 ・リンパ腫
 ・消化器の病気
 ・中毒
 ・巨大食道症
 ・胃腸炎
 ・肝臓・すい臓の病気
 ・腸閉塞
 ・糖尿病
 ・甲状腺機能亢進症
タグ: ネコ ねこ

ねこが突然吐くとき



は安全な室内でペットとして飼っていても、自分の身体を舐めて毛づくろいするので、胃の中に溜まった毛玉を吐き出します。
食べ過ぎの場合にも、吐くことがあります。
室内飼いであれば小動物を食べることはありませんが、外でネズミや小鳥などを食べた場合には、食道に入った物をそのまま吐くこともあります。

も草を食べ、それを吐き出して胃の中を清潔にします。
この点は犬と同じく、正常な生理現象なので心配はいりません。
しかし、食べ物に関心を示めさなかったり、食欲がない場合には、の体に異常が起こっていると考えてください。

のよだれが多い症状は、胃や腸が炎症を起こしているケースも考えられます。
下痢が伴えば、食中毒の可能性もあります。
の鳴き声が苦しそうなうめき声であれば、強い痛みを感じています。
は体内に寄生虫がいると嘔吐するので、獣医さんに診てもらうようにしましょう。

ペットが吐く行動は、人間の場合と同じく、体の異変を表しています。
ペットは話すことができないので、わずかの変化も飼い主がしっかりと見てあげなければいけません。
ペットの体調管理に細心の注意を払いましょう。

ねこがかゆがる動作の原因と治療



ペットが痒がる行動は、次のような原因が考えられます。
 ・寄生虫による皮膚病
 ・食事性アレルギー
 ・ノミによる皮膚病
 ・皮膚の乾燥
 ・疥癬
 ・免疫系の異常
 ・尾腺炎
 ・肉芽腫
も人間と同じように、痒い箇所をひっかきます。
皮膚が傷ついて出血することもあります。
早めに対処してあげてください。

治療としては、以下の方法があります。
 ・ノミ取り首輪を着ける
 ・飲み薬
 ・滴下式スポットタイプの薬
 ・ノミ取りシャンプー
また、獣医師の治療を受ければ、数週間で回復します。

の食事性アレルギーには、適切な食べ物を選んでください。
食事性アレルギーに効果があるのは、食物繊維と必須脂肪酸です。

ペットは動物ですが、大切な家族の一員です。
ちょっとでも変化が見られた時には、すぐに獣医さんに診てもらってください。
ペットは具合が悪くても言葉が話せないので、飼い主の愛情だけが頼りなのです。

ねこの便秘の原因



便秘になる原因として、以下のことが考えられます。
 ・腸閉塞
 ・大腸炎
 ・巨大結腸症
 ・毛球症
 ・腸重積
 ・腸閉塞
 ・腸重積
 ・回虫症
 ・上皮小体の異常
 ・回虫症

も歳を重ねると、人間と同じように運動能力が下がります。
腸の機能も低下して、便秘をするケースが増えます。

 ・排便時に苦しむ → 重症の便秘 or 大腸炎による下痢
 ・硬くて黒い便 → 病気
 ・柔らかい便に血液が混じっている → 大腸炎

ねこの便秘の予防と治療



ペットの便の状態を、日頃からよく観察してあげましょう。
病気の早期発見につながり、の健康を守ることができます。

便秘の予防として、少量のミネラルウォターを飲ませるといいでしょう。
健康食のツナ缶にフィシュオイルなどを混ぜると、便秘に効果的です。

は、全身をなめて毛づくろいをします。
毛が抜けやすい季節には、大量の毛をのみこんで、便秘になることもあります。

便秘が長く続くようであれば、浣腸液を肛門から結腸内に注入します。
便を柔らかくしてから、肛門に指を入れて便をかき出す治療もあります。

ペットの健康管理は飼い主の役目です。
便の状態もチェックして、しっかりとペットをケアしてください。

ねこの脱毛の原因 @



脱毛は、犬とは少し違います。

脱毛には、以下の原因が考えられます。
 ・ストレスによる脱毛
 ・心因性脱毛
 ・対称性の脱毛
 ・アレルギー性皮膚炎
 ・ノミによる皮膚炎
 ・白癬
 ・疥癬
 ・肉芽腫
 ・日光過敏症
 ・ビタミンA欠乏症
 ・ビタミンB欠乏症
 ・クッシング症候群
 ・ニキビ尾腺炎

ペットは大切な家族の一員です。
「ただの脱毛」と簡単に考えず、獣医さんに相談するようにしましょう。

ねこの脱毛の原因 A



ネコの毛が異常に多く抜ける時は、何らかのサインと考えてください。
多くの場合、以下のことが原因となっています。
 ・皮膚病
 ・アレルギー性皮膚炎
 ・ノミ
 ・ダニ

脱毛部分が赤い発疹になって、ガサガサすることがあります。
ネコはかゆい部分を引っかくので、傷になって膿んでしまうこともあります。

ネコ脱毛は、食べ物が原因になっていることもあります。
食事が同じものばかりだと、栄養が偏ってビタミン不足なりがちです。
足りない栄養素があると、脱毛になるケースもあります。

ネコの体が左右対称に毛が抜けている場合には、ホルモン系異常が考えられます。
皮膚病の場合は、慢性化しやすいです。
繰り返し起こってしまうので、飼い主がネコの状態をしっかり観察していてください。

ねこの脱毛とストレス



ネコストレスがある時に、過剰に毛づくろいを行ないます。
飼い主の前ではやらないことが多いので、気づいた時にはすでに毛が薄くなっていることが多いです。
注意して見ていてあげるようにしましょう。

脱毛を防ぐには、ネコストレスを与えないことが大切です。
ネコはデリケートな動物なので、飼い主に冷たくされるだけでも体調が変化してしまいます。
やさしくしてあげてください。
ネコが、「自分は愛されている」と感じられるようにしましょう。

ネコ脱毛の原因が内蔵疾患の場合には、動物病院で診察を受けて血液検査をします。
必要な薬を処方してもらい、治療を受けます。
ダニやノミが原因の場合には、患部を清潔にすることで脱毛が改善されます。

脱毛の治療方法は様々です。
ペットに異変を感じたら、早めに獣医師さんに相談してください。

ねこの涙とくしゃみの原因



の涙や鼻水やくしゃみの症状は、以下の原因が考えられます。
 ・ネコかぜ(ウィルス性呼吸器感染症)
 ・副鼻腔炎
 ・鼻炎
 ・流涙症
 ・クリプトコッカス症
 ・その他の感染症
 ・鼻の中の異物
 ・鼻の中のガン

は、犬とは症状が違います。
諸症状の原因が癌だった場合には、発見が遅れると命にかかわります。
「犬もも同じペットだから」と勝手に判断せず、の様子がおかしい時には、早めに獣医さんに相談しましょう。

ねこ風邪の種類と症状



ねこは、よくねこ風邪をひきます。
ねこ風邪には、以下の症状が見られます。
 ・涙目
 ・鼻汁
 ・くしゃみ
 ・口の中のただれや痛み
 ・舌のただれ
 ・舌炎
 ・口内炎

ねこ風邪には2種類あります。
 ・ネコヘルペスウィルス
 ・ネコカリシウィルス

ねこがウィルスに感染すると、かなりつらい症状がでます。
 ・食欲減退
 ・脱水症状
 ・肺炎併発
早急に獣医さんに診てもらってください。

ねこに以下の症状が見られたら、重大な病気の可能性があります。
 ・鼻汁
 ・粘液
 ・うみ

ねこが発熱した場合には、いつも冷たく濡れている鼻がカラカラに乾いてきます。
眠っている時や、目覚めた時にも乾いています。
注意して見てあげてください。
ねこの平熱は、38.0℃前後です。
心配な時は、体温を測ってみてください。

ねこ風邪の治療



ねこ風邪のウィルスを殺す薬はありません。
しかし、抗生物質、抗炎症薬、ビタミンCなどがあります。
この薬を朝晩与えて、睡眠と栄養をとれば、2週間程で回復します。

ねこ風邪ウィルスは空気感染が強く、抗体は6ヶ月しか続きません。
流行の時期には何度もかかってしまうので、ねこを外に出す場合には注意が必要です。
戸外に出さないことが、1番安全かもしれません。

ねこ風邪の予防接種を受けることもできます。
口内炎がひどい場合には、普通のフードは食べられないので、流動食や点滴で栄養をとります。

ペットの目ヤニや涙を軽く考えず、ペットの異変に気づいたら、早めに獣医さんに診てもらいましょう。
早めの治療によって、病気も軽く済むことが多いのです。

ねこの便の異常 @



ペットも人間と同じように、寂しくなるとストレスが溜まります。
ストレスが原因で体調を壊すこともあるので、長期の留守番はさせないようにしてください。

便に異常がある場合は、以下の病気が考えられます。
 ・消化器の病気
 ・伝染性腸炎
 ・胃腸炎
 ・内部寄生虫
 ・しぶり腹
 ・パルボウイルス感染症
 ・食事性アレルギー
 ・薬物中毒
 ・薬物アレルギー
 ・リンパ腫
 ・ガン
 ・胃がん
 ・子ネコ衰弱症候群
 ・牛乳による下痢
 ・トキソプラズマ症
 ・感染症
 ・脂肪肝
 ・肝臓・すい臓の病気
 ・腸内細菌の過剰な増殖
 ・脂肪便
 ・巨大結腸症

ねこの便の異常 A



ネコも人間と同じように、下痢をします。
ネコ下痢は、消化器の問題で症状がでます。

ネコは慢性の下痢が起きやすく、小腸に問題があると水っぽい便になります。
この状態では栄養が吸収しにくくなり、痩せてきます。

ネコの大腸の下痢は、粘液が出ます。
便に血液が混じることもあり、表情が苦しそうであれば、大腸に問題があると考えられます。

ペット便がおかしいと気づいたら、早めに獣医さんに診てもらうようにしてください。

下痢の治療には、次の方法があります。
 ・ネコ専用の下痢止めを飲ませる
 ・動物病院で治療を受ける
動物病院にネコ便を持参すると、診断が明確になります。

ウィルス感染には、現在直接の治療法がありません。
弱った体力や免疫力を高める方法になります。
ネコが病気に負けないように、飼い主が手助けしてあげることが大切です。

ペットの猫が頭を強く振るとき @



を飼っている人は、が頭を強く振るのをよく見るでしょう。
ペットとしてを迎えようとしている人にも、のこのような動作について知っておきましょう。

が頭を強くふる動作は、以下のことが原因と考えられます。
 ・耳疥癬
 ・耳のケガ
 ・耳の中の異物
 ・外耳炎
 ・脳腫瘍
 ・脳炎
 ・前庭性失調症症候群
 ・脳(東部)のケガ
 ・栄養失調
 ・中毒

の普段の動作ではないことを、覚えておいてください。

ペットの猫が頭を強く振るとき A



が頭を頻繁に振っていたら、耳の中にダニや細菌が感染しているかもしれません。
異物や昆虫が入っていることも考えられます。
もしかしたら、怪我をしているのかもしれません。
耳ダニが原因の場合は、頭を振る以外に痒がります。
気をつけて見ていてあげてください。

耳ダニ感染の防止は、子の時に動物病院で検査することです。
もし感染していたら、早めの治療が必要です。
ペットとして飼っているのですから、マットや毛布などを消毒して生活環境を改善してあげましょう。

それ以外が原因で頭を強く振るのであれば、脳の病気かもしれません。
また、前庭性失調症症候群の可能性も考えられます。
前庭性失調症症候群』とは、耳の内部の『前庭』という部分が異常になる病気です。
この部分は、平衡器官やバランスを保つ器官です。
前庭性失調症症候群になると、頭を振ったり、首の位置が傾いたり、フラついて同じ場所を回ったりもします。

どんな症状であっても、僅かでもペットの異変に気づいたら、早めに獣医師さんの診断を受けましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。