ペット保険とは



ペットが病院にかかると、かなりお金がかかります。
あまりの出費に、泣きたくなったことのある方もいるかもしれませんね。


わたしたちが病気になって病院にかかっても、健康保険に加入していれば医療費は3割負担で済みます。
しかし、犬や猫など、ペットが動物病院にかかると大変です。

わたしたちのように健康保険制度がないため、自費扱いとなって、高額な医療費を支払うことになります。
もしかしたら、医療費が高額で、ペットを病院に連れていけない方もいらっしゃるかもしれません。

これでは、ペットが可哀想すぎます。

ペットの病気を放置した結果、大きな病気になって、取り返しのつかない状態になるのを避けなければなりません。
そのためにも、医療費の保証をしてくれる『ペット保険』について知っておくことは大切です。

ペット保険に入るには、まず加入審査が必要です。
動物病院で診断書を書いてもらうケースもあります。
自己申告でOKのところもあります。

ペット保険に加入すると、「治療費」や「入院費」などの医療費保障が受けられます。
ただし、「避妊手術」「去勢手術」は適用されない保険もあります。
保険会社によっては、割引制度を適用しているところもあります。
事前によく調べてみましょう。


「うちのペットは大丈夫」と思っていても、どんな事故が起こるかは誰にもわかりません。
万が一、愛犬が他人を怪我させてしまった場合にも、「賠償金」が保証されます。
さらに、ペットが亡くなった場合の「死亡時給付金」も保障されます。

保険会社によっては「ペットホテルの紹介」や「無料相談」など、あらゆるサービスを提供しているところもあります。

加入条件や加入できるペットの種類などは、それぞれの保険会社で定めている規定によります。
いろいろな保険会社の資料を請求し、よく検討してみましょう。
ペット保険の加入はそれからです。


保障を受けずに元気でいられるのが一番の理想です。
しかし、何かあった時に悩まなくてもいいように、ペット保険に加入しておくと安心ですね。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング


ペット保険の給付方法



ペットが病気になって病院にかかったら、想像以上にお金がかかります。

もしものときのためにペット保険に加入しておきたいと考えている飼い主さんは、多いようです。
治療費の心配などせずに、大切なペットの介護をしてあげたいですよね。


ペットの治療費を、どのように保障してもらえるかをご紹介します。
保険会社によって違いますが、2通りの方法があります。

一つ目の方法は、病院で会計時に支払う治療費が自己負担額だけでいいものです。
これは、後で保険会社に申告手続きをとらなくても良いので、便利です。
しかし、どこの病院でもいいわけではありません。
保険会社と病院が提携していないとダメです。
ペットがかかりつけになっている病院が、保険会社と提携しているかのチェックが必要です。


二つ目の方法は、治療を受けた後に保険会社へ給付の申請書を提出するものです。
病院で診断書と領収書を発行してもらって、申請書と一緒に提出しなければにりません。
面倒だと思われるかもしれませんが、この方法をとっている保険会社がほとんどです。
しかし、どこの病院にかかっても保障が適用されるので安心と言えますね。


ペット保険の給付方法を比較し、ペットと飼い主さんにとってベストな方を選びましょう。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング


ペット保険の保障額



ペット保険の保障額は、どのくらいなのでしょうか。

ペット保険の保障には、3つのタイプがあります。

■ 定率保障型
ペットの治療に対して、決められた保障率分を保障してくれます。
1回の治療費が高い場合には、お得になります。
しかし、給付日数が短いという不安もあります。

■ 定額保障型
ペットの治療にいくらかかったとしても、加入時の保障限度額のみを保障してくれます。
年間給付日数が長いので、長期にわたって治療を要する場合には便利でしょう。

■ 差額保障型
一日あたりの保障限度額の範囲で、ペットにかかった費用全額を保障してくれます。
保障限度額内で治療が済めば、保険が全額保障してくれるので、自己負担は0円です。

人間の保険と同じく、ペットが入る保険にも、さまざまなタイプがありますね。

あなたのペットにはどの保障タイプが良いかを十分に検討してから加入しましょう。
もっと知りたい?⇒ペットブログランキング

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。